歯医者をお探しなら、枚方市の本多歯科へ。予防歯科・審美歯科もお任せください。

本多歯科ブログ

歯根に膿がたまる病気 2017年08月8日(火)

※携帯電話やスマートフォンでご覧の方は、スマートフォンを横にして見ていただくと画像が見やすいです。

根尖性歯周炎とは?

神経を取る治療をした歯や神経が死んでしまっている歯に、何らかの理由があって歯の中に細菌が侵入して増殖した後、その最近の毒素や代謝産物(わかりやすく言えば細菌の糞)が根の先に押し出されて歯根の先に膿を溜めることを「根尖性歯周炎」と言います。

歯根嚢胞とは?

そして根尖性歯周炎が進行して膿を袋状に溜めることを「歯根嚢胞」と言います。症状がなく進行することが多く、歯医者さんに行ってレントゲンを撮ってみると、たまたま見つかるというケースがほとんどですが、歯茎から膿が出てきたり歯茎が痛むということもあります。

Case1「症状がなかったのに…」

前歯のセラミック相談にお越しいただいた患者様です。口腔内所見は特になく、前歯の中の診断を行うために撮影したレントゲン撮影で左上側切歯に30×30㎜の大きな歯根嚢胞が見つかりました。症状は特になく、見つかった後に患者様に説明しましている際も信じられないといった表情でした。

通法通りの根管治療を行い、症状がないことを確認後、嚢胞の範囲が大きいため歯根端切除手術と併用して嚢胞摘出手術を行いました。嚢胞摘出後は病理組織検査を行い、“歯根嚢胞”と確定診断しました。

Case2「歯ぐきから膿が出てきた」

「歯ぐきに“ニキビ”のようなものができている」と来院されました。唇側の歯ぐきから瘻孔と呼ばれる膿の出口ができています。噛んだ時にやや痛むくらいの症状しかなく、特に生活に支障はないとおっしゃっておりました。また、この歯は以前にも根管治療を受けたことがあるとのことでした。

右上の側切歯部に瘻孔が見られ、膿が出ている状態でした。右上切歯と側切歯は以前に一度、歯根端切除手術を受けており、歯が他の歯に比較して短くなっています。これ以上歯を短くすると歯の寿命が短くなるので、歯根端切除手術は回避して根管治療を行いました。現在は、症状も落ち着いており歯ぐきの瘻孔も消失しています。

Case3「急に激しい痛みが出た」

前歯の激しい痛みを訴え来院。前歯に目立った虫歯や歯茎の腫れはないものの、鼻の方まで痛くて頭痛がするとのことでした。拍動性の疼痛と噛めないくらいの咬合痛を訴えておりました。

レントゲンでは根管治療をしていない歯の根の尖端に黒い透過像を認めます。何らかの理由(以前に治療した虫歯や咬合性外傷)によって歯髄(歯の神経)が壊死して、壊疽や感染を引き起こし急性症状が発症したと考えられます。抗生物質を投与し消炎後、根管治療を行いました。

Case4「噛んだ時の違和感」

昨夜、焼肉を食べている時、左下の奥の歯が痛いような気がしたとのことで来院。焼肉を食べている時だけ痛みがあったが、食後や今朝、昼食時の痛みはないとのこと。

レントゲンで見てみると、左下第二大臼歯の根尖に透過像を認めたため、この歯の痛みを疑い根管治療を開始。治療中も特に症状を感じることはなかったとのこと。根管充填を行い、現在経過観察中です。

Case5「歯が浮いた感じがする」

「痛みはない」、そう言って来院されました。でもなんかご飯を食べたりすると早く当たっている感じがしたり、たまにズキっとしたり、寝る前はひどかったり、、、となんか歯が浮いているような違和感を抱えているとのことでした。

レントゲンを撮ってみると根管治療の不備を認め、歯根の先端にはうっすら黒い影が…。根管治療をやり直し、緊密な根管充填を行いました。6ヶ月後の定期検診で再度レントゲンを撮ってみると、黒い影が消失しているのがわかります。これは、膿によって溶けた骨が、膿がなくなったおかげで骨が再度作られた状態です。

Case6「最近治療した歯が噛むと痛い」

最近、根管治療をしてセラミックを入れた歯が痛いと言って来院されました。歯が当たるだけで痛いとのことで、再度根管治療をするためにセラミックを外さないといけないかが気になるそうでした。

根管治療後にファイバーコアを入れているため、それを除去して根管治療を再度行うことによって歯が弱くなると判断したため、「歯根端切除手術」を選択しました。歯肉の根尖相当部より外科的根管治療方法を用いて、嚢胞摘出と根尖を除去しました。

Case7「根管治療後の経過観察に来院」

初診時、前歯の違和感を訴えて来院しました。痛みまでとは言えないなんとも不思議な違和感とおっしゃっていました。根管治療を開始して、症状がなくなった後に根管充填をしましたが、瘻孔の改善を認めなかったため歯根端切除手術を行いました。そのあと瘻孔が消失したのを確認後、E-maxクラウンを装着しました。

6ヶ月後の定期検診と歯石取りに来院された時に、前歯のレントゲン写真を撮影。歯根の先に認められた透過像は完全に消失しています。歯根に溜まる膿は歯槽骨を溶かします。根管治療で膿や細菌を取り除くことで、また新たな歯槽骨が再生します。

当院では根管治療にウェーブワンを導入しています!

ウエーブワンはデンツプライシロナが開発したニッケルチタンファイルで、反復回転運動機能を搭載したXスマートプラスを使用して、効率よく根管拡大を行います。根管治療は、根管壁に付着した細菌層や細菌によって脱灰された感染象牙質を取り除き、根管内を綺麗にする治療です。ウエーブワンは切削効率が良く、短時間での根管拡大形成を行えます。根管治療の新たな技術革新とされています。

 

京阪交野線「宮之阪駅」すぐ ご予約・お問合わせはお気軽に!072-847-8241 受付時間:9時30分~13時/15時~19時30分 但し土曜日は9時~13時まで WEBでのご予約・お問合せはコチラ!

ページTOP

お電話でのお問い合わせ

ご予約フォーム

ネットで歯科相談