歯医者をお探しなら、枚方市の本多歯科へ。予防歯科・審美治療もお任せください。

本多歯科ブログ

お子様の歯医者さん克服 2019年10月22日(火)

クレヨンしんちゃんの漫画を読んでいると、しんちゃんが歯医者に行くのがこわいと言って泣きわめくシーンがありました。漫画の中で実際に行った歯医者さんもたまたま“本多歯科”さんでした(笑)そしてしんちゃんは歯医者さんを克服し、歯医者さんが好きになるのです。

当院にいらっしゃるお子様も歯医者さんが好きと言ってくれるお子様はほとんどいません。しかし来てくれるようになってから、歯医者さんが好きになったと言ってくれるお子様は実は結構いてます。そこで本日は歯医者さんがお子様の治療で気をつけていることをお話しします。

 

CASE1 初めての歯医者

誰でも初めての場所や雰囲気には少々怖気付いてしまうものです。特にお子様は自分のことだと思うと怖かったり泣いてしまうのも無理はないと思います。そこでオススメはまずはお母様やお父様のお手本を見せてあげることが大切です。また終わった後にお子様に「楽しかった」「気持ちよくなった」と教えてあげることもいいことだと思います。歯医者さんは楽しいところと認識させてあげることが重要です。ちなみにしんちゃんはお母さんが歯医者に綺麗なお姉さんがいるよと嘘ついて行く気になったみたいです(笑)

CASE2 初めての治療

当院では緊急を要する場合(ご飯が食べれないくらい痛いなど)を除いては初回から歯を削ることはありません。初回はお話中心で、お口の中を見たり、歯ブラシしてみたり、甘い美味しいフッ素を塗って帰ってもらいます。まずは歯医者さんのチェアーに座れるようになることから始めていきます。そして水の出る機会を口の中で使って見たり、実際に歯に触れてみたりと徐々に段階を踏まえていきます。思ってたほど痛くない、思ってたほど怖くないって思ってくれるように努力しています。(年齢や実際の様子を見て段階は変えます)

CASE3 今後のために

歯医者さんでの治療が終了して、歯医者さんのことが行く前よりは好きになってくれたところが終わりではありません。歯医者さんに慣れている状態を継続しなければなりません。この世の中には歯医者さんのことを悪者にした絵本や漫画が多く存在します。実際クレヨンしんちゃんでもお母さんがしんちゃんを怒るときに「悪いことしてたら歯医者行くよ!」と言ってしんちゃんをビビらせるシーンがありました。大人よりも感性の高いお子様にとってはそういうのを見たり聞いたりすることによって恐怖感が増してしまう場合もあるのです。

当院では春休み・夏休み・冬休みの年3回の定期受診をお勧めしています。内容は虫歯チェックやブラッシングチェック、間食指導、矯正相談などを行なっています。そして最後は牛乳成分から作られたMIペースト(牛乳アレルギーの方はりんご味のフッ素をご用意しています)を楽しんでいただいています。MIペーストの味はたくさんあるので選ぶのが楽しみです!

ちなみに歯医者さんが好きになったしんちゃんは、また歯医者に行くためにお菓子をいっぱい食べていますが、いい子は真似しないでくださいね(笑)おやつの時間が終わったらしっかりとブラッシングをしてあげてくださいね!

こちらの記事もオススメ!!

☞お子様の虫歯予防

☞お子様の仕上げ磨き

☞ランパントカリエスについて

 

ロゴをクリックすると

小児歯科のページが見れます

京阪交野線「宮之阪駅」すぐ ご予約・お問合わせはお気軽に!072-847-8241 受付時間:9時30分~13時/15時~19時30分 但し土曜日は9時~13時まで WEBでのご予約・お問合せはコチラ!

ページTOP

お電話でのお問い合わせ

ご予約フォーム

ネットで歯科相談